退職の引き止めに屈しない!しつこい引き止めに悩んでいる人こそ読んでほしい

ホーガ

退職代行選びのマネージャー・ホーガです。

この記事にお越しいただき、ありがとうございます。
あなたに最適な退職に関するアドバイスをさせていただきます。

退職しようと思っても、しつこい引き止めにあって退職できない・・・。

ホーガ

引き止めに悩んでいる方はとても多いです。

辞めたら損害賠償請求すると言われている・・

仕事を辞めたいのに引き止められ、仕事を辞めさせてくれないことを「在職強要」といい、最近問題となっています。

引き止めにあって無理して働くことにより、メンタルに影響がでるだけではなく、無茶しすぎて体調を崩すおそれがあります。

しつこい引き止めやパワハラから解放され、次の職場に転職できたらいいと思いませんか?

そんな方法が本当にあるなら知りたい!

この記事では、しつこい引き止めに悩んでいる人が確実に退職できる方法について説明します。

ホーガ

退職の悩みから解放されて、次の職場でいきいきと働きませんか?

なぜ職場は、しつこく退職を引き止めようとするのか

しつこい退職の引き止め画像

そもそも職場はなぜ、しつこく退職を引き止めようとするのでしょうか?

以下の理由が考えられます。

  • 職場の労働力の損失になる
  • 新たに求人するのは面倒
  • 新しい人を育てるのに時間がかかる
  • 上司が管理責任を問われる

そのため退職をしようと上司に告げると、次のような方法で引き止めます。

「近いうちに昇給させる」「希望の部署に異動させる」といった条件を提示する

「後任が見つかるまで待ってほしい」と退職のタイミングを引き延ばす

「思いとどまってほしい」と情に訴えたり、「期待していたのに」と感情的に引き止める

「今までの恩を忘れたのか!」と頭ごなしに退職を非難する

とくに非難や脅しによって仕事を続けさせることを「在職強要」といい、社会問題の一つになっています。

たくさんの人が悩んでいるのね・・・

もしも職場から引き止められ、退職に迷いが出たならば、この1点だけ考えてみましょう。

退職しようと考えた原因が、解決または改善する見込みがあるのか

この一点だけを検討して、見込みがないなら職場に見切りをつけることをおすすめします。

ホーガ

これから先も何も変わらないと分かっているのに、悩みながら仕事を続けるのは苦しくないですか?

しつこい退職の引き止めは〝違法〟の疑いがあります

しつこい退職の引き止め在職強要は、憲法や法律に違反する恐れがあります。

日本国憲法 第22条第1項

何人も、公共の福祉に反しない限り、職業選択の自由を有する。

日本国には「職業選択の自由」が認められています。

よって退職をすることも本人の自由であり、職場が引き止めや強要をすることは許されません。

民法 第627条第1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

参照:『日本労働組合総連合会』

正社員などの雇用期間が定められていない場合は、2週間前に退職することを告げれば、職場は拒否できない決まりです。

本来は自由に退職できるんだね!

現実には、退職の引き止めを回避するのは難しい

しつこい退職引き止めを回避するのは困難な写真

本来ならば自由にできる退職。
しかし現実は退職の引き止めを避けるのは難しいです。

ホーガ

理由は、労働者の立場が弱いからです。

たとえば退職の意思を伝えたところ、職場から次のように言われたらどうしますか?

  • 仕事に影響がでるから損害賠償請求をする
  • 残りの給与は払わない
  • 懲戒解雇にする
  • 有給消化は認めない
  • 退職金は出さない

辞めたくても辞められない・・・

それでも退職しようと、労働局に相談」したりするのも一つの手段ですが、結局は自分一人で対応せざる得ません。
また職場との退職交渉も自分でやらざるを得ません。

また「弁護士にお願い」するのも、高額な費用がかかります。

じゃあ、退職は諦めるしかないの?

いえ、大丈夫です。そこで紹介したいのは「退職代行サービス」です。

しつこい退職の引き止めは、退職のプロに任せよう

退職専門のプロ集団の写真

この記事が紹介する「退職代行サービス」は、多くの代行業者のなかでもプロ中のプロ。
どんなケースの退職でも数万円の金額で確実に退職できます。

この記事で紹介する退職代行サービスは、退職の意思を伝えるだけではなく、退職に関する以下の交渉もおこなっています。

  • 有給消化の交渉
  • 退職金の交渉
  • 引き継ぎなどの交渉
  • 未払い給与残業代の支払い交渉

などを本人に代行してプロがおこないます。

退職代行を利用するメリット
  • 本人が交渉しないので精神的な負担が少ない
  • 経験豊富なプロが交渉するので対応が早く、且つ失敗しない
退職代行を利用するデメリット
  • 3万円~5万円の費用がかかる

お金はかかるけど退職はプロに任せて、その間は転職に専念できるね!

まとめ 失敗しない代行業者を利用してスムーズに退職しましょう

退職代行を使ってしつこい引き止めから解放された写真

今回の記事では、しつこい退職の引き止めから解放される方法についてお伝えしました。

自力での退職が困難であれば、労働局に相談したり弁護士に頼んだりする方法がありますが、もっとも効果的で即日退職ができる方法は『退職代行サービス』を利用することです。

料金は労働組合なら3万円弁護士なら5万円かかりますが、退職の手続きや交渉はすべてプロに任せることができて、メンタル的にとても楽です。

ホーガ

ぜひ、この記事を参考にしてくださいね!

職場からのしつこい退職の引き止めに悩んでいるあなた。
たくさんある退職代行サービスから優良な代行業者を選んで、退職のストレスから解放されてください。

なお、代行業者の選び方が分からないという方。この記事を参考にして下さいね。

【辛口審査】どんなケースでも失敗しない退職代行3選

退職代行の公式サイトでは、なぜ失敗しても「退職成功率100%」と載せているのだろうか?

代行業者の『不都合な真実』を暴く記事です。