令和4年版〝退職代行サービス〟おすすめ比較ランキング3選【辛口審査】

退職代行サービスおすすめ比較ランキングアイキャッチ画像
\弁護士か労働組合・適正な価格・口コミでも好評/
すぐにランキング3選を見る

退職したいけど、上司と揉めそうで怖い・・
退職代行サービスを利用してみようと思っているんだけど、どんな代行業者があるのか気になるなぁ・・

そこで、このページでは「どういったポイントで退職代行サービスを選ぶといいか?」はもちろん、そのポイントをクリアしたおすすめの退職代行サービスを紹介します。

実際に利用した口コミも取り入れ、「退職に失敗した」とコメントしている業者を除外した【辛口審査】となっています。

ホーガ

退職代行選びのマネージャー・ホーガがご紹介します。

この記事にお越しいただき、ありがとうございます。
あなたに最適な退職代行選びのアドバイスをさせていただきます。

退職代行サービスを選ぶ3つの「チェックポイント」とは

退職代行サービスを選ぶ3つのチェックポイントの画像

まずは退職代行サービスを選ぶのに「ココは外せない!」という3つのチェックポイントを紹介します。

①どんなケースでも確実に退職できる業者かどうか

退職届を出す女性の写真

退職代行サービスと一言でいっても世の中にたくさんあります。

選び方を間違えるとかえってトラブルになるので注意が必要です。

退職成功率100%の会社を選べばいいんじゃないの?

退職成功率100%と広告していても、安易に信じてはいけません。

ホーガ

成功率100%はいったい誰が証明するのでしょうか?

確実に退職できるかどうかを見極めるポイントは、こういった成功率ではなく、代行業者の「運営元」はなにかが大事です。

退職代行サービスをしている運営元は次の3つに分かれます。

  • 弁護士事務所
  • 労働組合
  • 一般企業

この3つの運営元の特徴を紹介します。

弁護士事務所

弁護士が契約に基づき、本人の代理人として退職代行をします。

弁護士資格により、退職に関するすべての交渉が可能なため、職場としても冷静に対応できます。

労働組合

退職したい本人が労働組合に加入することで、退職の意思が労働組合を通して職場に伝えられます。

労働組合は団体交渉権をもつので、職場に対して「未払い賃金の支払い請求」などを含めた直接交渉ができます。

一般企業

退職したい本人が、一般企業の退職代行サービスを利用して、職場に退職の意思を伝えることができます。
あくまで退職の意思を伝える使者です。

えっ!一般企業だと有給消化の交渉とかができないのね。

職場との退職に関する交渉はできないので、それ以上のサービスは期待してはいけません。

以上、3つの運営元の特徴を紹介しました。

どんなケースでも任せられる業者を選ぶなら、運営元は「弁護士事務所」もしくは「労働組合」を選ぶべきです。

②職場へ代理交渉できる業者かどうか

交渉がまとまり握手する人の写真

職場へ退職の意思を伝えた場合、退職に関する交渉がどれだけあるかご存じでしょうか。
たとえば正社員の場合は以下のとおりです。

えっ!退職って、たくさん決めることがあるのね。

もちろん職場は本人の意思を尊重して退職を認めることが原則です。
ですが退職に関するこれらの交渉が進まないと、本人も職場も退職がスムーズに進まず困ります。

このことから、本人の代理として職場に交渉できる「弁護士事務所」「労働組合」を選ぶべきです。

退職は民法で規定されている

民法第627条
1 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

③金額は適正かどうか

貯金箱の写真

金額も「失敗しない退職代行サービス」選びには大事なポイントです。

金額が安い代行業者がいいんじゃないの?

代行業者を利用しようとしても、高すぎれば利用できませんし、安すぎてもトラブルに巻き込まれる可能性が高まります。

とくに安さを売りにする業者には気をつけるべきです。

  • 弁護士事務所…5万円(着手金)
  • 労働組合…3万円
  • 一般企業…3万円

上記の相場を参考にして選びましょう。

【辛口審査】退職代行サービス おすすめ比較ランキング3選

そこで今回は、徹底リサーチした14社の代行業者を辛口審査

  • 運営元は弁護士事務所労働組合
  • 職場へ代理交渉できる
  • 適正な相場
  • 全国対応
  • 高い口コミ評価

とくに「口コミ」は重視しています。
多くの口コミのなか「退職に失敗した」経験の書き込みがあった業者は除外しました。

上記の厳しい審査に合格した3社をおすすめ順に紹介します。

(金額はすべて税込表示です)

弁護士法人みやび

「弁護士事務所」が運営する退職代行サービス

弁護士法人みやびの公式サイトの画像
おすすめする理由
  • 弁護士が代理人となって退職交渉する
  • 有給消化・残業代・退職金・未払い給与の請求交渉ができる
  • 損害賠償請求された場合でも対応可能
  • 全国対応可能
  • 最初に24時間いつでも無料相談(LINE・メール)できる
料 金

・着手金55,000円

・オプション費用:回収額の20%(残業代・退職金請求など)

・郵送料など実費

利用する雇用形態例

正社員・公務員・契約社員・派遣社員など

「弁護士法人みやび」利用者の口コミ

参照:退職代行口コミ評判ランキング

『弁護士法人みやび』に無料相談する➤➤➤

わたしNEXT〈女性の退職代行〉

女性専用の退職代行サービス。満足度98.7%と女性に支持されている労働組合

わたしNEXT公式サイトの画像
おすすめする理由
  • 女性専用なので女性の悩みに強い
  • JRAAで特級認定を受けている
  • 労働組合が職場と退職交渉する
  • 口コミ評価がとても高い
  • 24時間いつでも無料相談できる
  • 追加費用は無し
  • 全国対応可能
  • 転職サポートあり
料 金

・正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など

29,800円
・アルバイト・パート(社会保険未加入)

19,800円

利用する雇用形態例

正社員・契約社員・派遣社員・アルバイトなど

「わたしNEXT」利用者の口コミ

参照:退職代行口コミ評判ランキング

『わたしNEXT』に無料相談する➤➤➤

男の退職代行

男性専用の退職代行サービス。満足度98.3%と男性に支持されている労働組合

男の退職代行公式サイトの画像
おすすめする理由
  • 男性専用なので男性の悩みに強い
  • JRAAで特級認定を受けている
  • 労働組合が職場と退職交渉する
  • 口コミ評価がとても高い
  • 24時間いつでも無料相談できる
  • 追加費用は無し
  • 全国対応可能
  • 転職サポートあり
料 金

・正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など

29,800円
・アルバイト・パート(社会保険未加入)

19,800円

利用する雇用形態例

正社員・契約社員・派遣社員・アルバイトなど

「男の退職代行」利用者の口コミ

参照:退職代行口コミ評判ランキング

『男の退職代行』に無料相談する➤➤➤

【辛口審査】退職代行サービス3選 比較一覧表

今回紹介する3社の退職代行サービスを比較してみました。代行業者選びの参考にしてください。

サービス名 弁護士法人みやび わたしNEXT 男の退職代行
運営元

弁護士事務所

労働組合

労働組合

料金

55,000円(着手金)

29,800円か19,800円

29,800円か19,800円

退職に関する交渉

訴訟の代理人

追加費用無し

転職サポート

損害賠償の可能性がある場合は〝迷わず〟こちらの代行業者へ

弁護士法人みやびの公式サイト画像

弁護士事務所が運営する退職代行サービスとして有名なのが「弁護士法人みやび」です。

弁護士が直接相談にのり、本人の代理人として弁護士が職場に交渉するので職場側にとっても冷静に対応できます。

また万が一、損害賠償請求された場合でも対応できるのが弁護士の強みです。

雇用形態を問わず着手金55,000円と費用は高めですが、退職代行において弁護士にかなう業者はありません。

こういう方におすすめ
  • 損害賠償請求の可能性がある方
  • 金額が高くても確実に退職したい方
  • 弁護士に代理人となってもらい、退職に関する交渉をお願いしたい方

代行業者のなかでは弁護士が最強なんですね!

しっかり話しを聞いて、しっかり対応してほしい女性の方は、こちらの代行業者へ

わたしNEXT公式サイトの画像

わたしNEXTは、日本退職代行協会(JRAA)の100以上の検査項目におよぶ厳正な審査をクリアし「特級認定」を受けている業者です。

ちなみに特級認定を受けているのは「わたしNEXT」「男の退職代行」の2社だけです。

法的に認められた労働組合が退職代行サービスを行う安心感と、対応スピードの速さが即日退職を可能としています。

また無料の転職サポートも受けられるのも好評です。

こういう方におすすめ
  • しっかり話しを聞いてほしい女性の方
  • 確実に退職したい方
  • 転職サポートを受けたい方

頼もしい女性の味方ですね!

ブラック企業からの退職に悩む男性の方は、こちらの代行業者へ

男の退職代行公式サイトの画像

男の退職代行は、日本退職代行協会(JRAA)の100以上の検査項目におよぶ厳正な審査をクリアし「特級認定」を受けている業者です。

ちなみに特級認定を受けているのは「男の退職代行」「わたしNEXT」の2社だけです。

法的に認められた労働組合が退職代行サービスを行う安心感と、対応スピードの速さが即日退職を可能としています。

また無料の転職サポートも受けられるのも好評です。

こういう方におすすめ
  • ブラック企業の退職に悩む男性の方
  • 確実に退職したい方
  • 有給消化したい方
  • 転職サポートを受けたい方

有給消化交渉もできます!

当サイトがおすすめする代行業者は、辛口の口コミサイトでも『トップ3』の業者

退職代行口コミ評判ランキングの画像
辛口な口コミが多い『退職代行口コミ評判ランキング』

そろそろお気づきかと思います。
「わたしNEXT」と「男の退職代行」の運営元は同じです。

合同労働組合「toNEXTユニオン」が運営しているこの2つのサービスはとても優良で、辛口の口コミが多い『退職代行口コミ評判ランキング』で1位2位を獲っています。

口コミはとても大事な情報源です。
そのなかでトップ3に入っている代行業者を紹介した形になりました。

選ぶ条件がそろっていて、利用した人が満足してるなら最高でしょ!

逆にいうと、あれだけ多くの退職代行サービスがありながら、退職に失敗する業者が多く、利用者が満足している業者はとても少ないという事実が浮き彫りになりました。

この3社のみ押さえておけば、どんなケースの退職でも安心です。

サービス名 弁護士法人みやび わたしNEXT 男の退職代行
運営元

弁護士事務所

労働組合

労働組合

料金

55,000円(着手金)

29,800円か19,800円

29,800円か19,800円

退職に関する交渉

訴訟の代理人

追加費用無し

転職サポート

当サイトおすすめの退職代行サービスを利用して「次のステップへ」

鞄をもってたつ大人の写真

今回は辛口審査のもと、退職代行サービスのおすすめ比較ランキングを紹介しました。

実質二択という、とても選びやすい結果となったはずです。

男性…「弁護士法人みやび」もしくは「男の退職代行
女性…「弁護士法人みやび」もしくは「わたしNEXT

弁護士を利用するか、労働組合を利用するか、あとはあなたの判断です。

二者択一なら迷わないです!

もし損害賠償請求の心配があるのなら、迷わず「弁護士法人みやび」を選ぶべきです。
すこし金額はかかりますが、安心には変えれないですから。

日本人は協調性を重んじる国民です。
ですがその反面、言いたいことをいえず体調をこわす人が多いのも現実です。

職場を退職しようと決めているのに、いつまでも「いつ辞めようか」と悩んでいるのは時間がもったいないと思いませんか?

スムーズに退職して、次の職場に行きます!

サービス名 弁護士法人みやび わたしNEXT 男の退職代行
運営元

弁護士事務所

労働組合

労働組合

料金

55,000円(着手金)

29,800円か19,800円

29,800円か19,800円

退職代行の公式サイトでは、なぜ失敗しても「退職成功率100%」と載せているのだろうか?

代行業者の『不都合な真実』を暴く記事です。